open air 神戸元町店

グルメ

open air 神戸元町店でクラフトビールとおすすめ料理を堪能!

今回紹介するのは、5月18日に元町にオープンしたばかりの「open air神戸元町店(オープンエア)」さんです。

通りを歩いているとお店を発見し、気になってお店の前で立ち止まる方も多くいらっしゃいました。

 

 

こちらのお店では、神戸のブルワリー「open air湊山醸造所」の個性豊かな季節のクラフトビールと、神戸ポークや神戸の地場野菜を使った料理を楽しむことができます。

 

 

クラフトビール好きの方はもちろん、その世界になんとなく興味はありながらも、専門用語に怖気づいてこれまでなかなか足を踏み入れられずにいたという、私のようなクラフトビール初心者の方でも、気軽に訪れることのできるお店です。

 

 

今回は実際に「open air 神戸元町店」に行って、クラフトビール3種の飲み比べと、おすすめ料理を堪能してきました!

 

 

・お店の場所

・店内の雰囲気

・気になるメニュー

・こだわりのクラフトビール3種とおすすめ料理3品の味

・店舗&アクセス情報

など、気になる情報を詳しくまとめています。

open air神戸元町店の場所

お店の外観

open air 神戸元町店は、JR「元町駅」東口阪急「神戸三宮駅」西口より徒歩5分程度です。

 

 

大丸神戸店のやや北寄り三宮中央通り沿いにあり、お隣にはチャイや紅茶が有名な「tea room mahisa 元町店」があります。

 

 

心地よい風を感じるような、爽やかなロゴが印象的な入り口の扉はガラス張りで、外からでも店内の雰囲気がよくわかります。

通りに面して大きな窓が開け放たれていて、開放感もたっぷり!

 

 

店内にいても屋外にいるかのような清々しさを感じさせます。

ショーケースにずらっと並んだ、クラフトビール缶のディスプレイにはなんだか心が躍ります!

 

 

出典:公式Instagram

 

店舗前の三宮中央通りは、休日はもちろん平日でも多くの人が行き交う賑やかなストリートですが、実は「歩行者利便増進道路」(通称:ほこみち)という名称がついていて、歩道を使って街ににぎわいを創り出すことを目的とした制度の第1号として、国土交通省から指定された通りなんです。

 

 

今後は店舗前にイスやテーブルなどを設置し、路上でもクラフトビールを飲めるようになるとのこと。テラスでビールを楽しむ人たちの姿は、ますます通りに活気を与えてくれそうです!

 

 

店内の雰囲気

店内はこんな感じ!

 

 

入店して最初に目を惹くのはやはり、この手書きのビールラインアップではないでしょうか。

個性豊かなクラフトビールと同様、1つ1つタッチの異なる文字とイラストがお客さんの目を楽しませてくれます♪

ポップでカラフルなアートたちが、店内の雰囲気をさらに明るく盛り上げています。

 

 

ずらっと並んだビールサーバーの存在感も強く、まっさらな輝きを放っています。

 

 

店内の雰囲気

店内の雰囲気

店内の雰囲気

またオリジナルTシャツクラフト缶ビールの販売も行われています。

パッケージデザインが可愛いので、プレゼントにも喜ばれそうです!

 

 

店内の雰囲気

店内の雰囲気

1階はスタンディングスタイルのカウンター6席

 

 

2階はビールと共に、料理もゆっくり楽しめるようなレストランスタイルで、テーブル32席カウンター10席が設けられています。

 

 

2階の壁にはクラフトビールができるまでのプロセスを、わかりやすく描いた大きな絵があります。

 

 

ビールを飲みながらついついじっくりと眺めてしまうような、とても存在感のある絵です。

 

 

「open air湊山醸造所」は、兵庫区の湊山小学校跡地を利用した複合施設「NATURE STUDIO」の中に誕生しました。

 

 

元町店内には醸造所内での作業風景や、実際に日々ビールづくりに取り組まれている、open airの皆さんの写真も飾られています。

 

 

醸造所は気軽に見学でき、ビールづくりに関するお話も伺えるとのことなので、今度ぜひお邪魔させてもらおうと思います!

気になるメニューを紹介!

メニュー

主力のクラフトビールは、定番の「open air ipa」「new tune」の他に、季節に合わせたハーブやホップを使った季節限定のものや、関西の他ブルワーさんのビールも取り揃えられています。

 

 

なんと新作ビールは、2週間ごとに登場するようです!

 

 

メニュー

ビール以外の飲み物も豊富!

 

「クラフトジンジャーサワー」や「クラフトはちみつレモンサワー」、自家製のレモネードやジンジャエールなど、そのお店ならではのドリンクがあるのは魅力的ですよね~。

 

 

フードメニュー

フードメニュー

フードメニューの豊富さにも驚きました!

 

 

前菜、メイン、パスタ、おつまみ、デザート。

 

「ドリンクだけじゃなくてごはんもしっかり楽しみたい!」という人の声にもしっかり応えてくれます。名物メニューの1つ「神戸ポーク餃子」は5種類から選べます。

 

 

さらに種類だけでなく、お料理の内容にもビール同様にこだわりが詰まっています。

 

神戸ポークや地場野菜といった「兵庫食材」がふんだんに使用されていて、美味しいのはもちろん「安心して食べられる」「体に良い」といった要素も大切にされているとのこと。

 

 

どれも食べてみたくて目移りしてしまいます。なんとも嬉しい悩み!

 

 

ランチタイム限定メニューにもそそられます~

季節のクラフトビール3種とおすすめ料理3品を堪能した!

本日のメニュー

お待たせしました、それでは実食タイムです!(幸)

 

 

今回はオープンに先駆けて行われた、レセプションに参加させて頂きました。

この日のお品書きがこちらです!

 

 

ビール

まずはやっぱりビールでスタート。

 

手前が定番ラインアップの「new tune」、奥が「open air湊山醸造所」にて4月に初めて醸造された「breakthrough」です。

 

 

個人的には今回頂いた3種類の中では、定番の「new tune」が1番好みでした。

 

 

クラフトビール初心者なので、飲みやすかったという点はもちろんなのですが、甘い香りがすごく気に入りました。グラスに顔を近づけた瞬間ふんわりと香る匂いに癒されます。

 

 

味わいは意外にも甘みが強いということはなく、深みがありながらもすっきりした感じ

今回の3種類のどのお料理とも相性ぴったりで、ついつい一口ごとにぐびっといってしまいました!

 

 

「breakthrough」は一口目からIPAらしい苦味を感じますが、程よい苦味がクセになってむしろ後を引く感じ。

IPAに少し苦手意識があったのですが、これはおいしく飲めました。

 

 

smoke signals

3種類目は「smoke signals」。こちらは関西の他ブルワリー2社とコラボしてできたもの。

「微かに感じるスモークの香り」が特徴的で、見た目にもやや重厚な雰囲気が漂います。

 

 

ビールに合ったグラスで提供してもらえるのも嬉しいポイント。それぞれのビールの個性がより際立つ気がします。グラスが変わるだけでも、こんなに印象が変わるんですね~。

 

 

神戸ポークの温製ローストポーク

フード1品目は「神戸ポークの温製ローストポーク」です。

 

 

「こんなに分厚く大きく切ってもらっていいんですか、、、!?」

思わず店員さんにそう聞いてしまいそうになるほど、ボリュームのある神戸ポークの肩ロースを、塊のまま焼き上げた一品。

 

 

これ、すっごく美味しいです。

どこを食べてもしっとりジューシーな、きめ細かく柔らかい肉質に惚れ惚れします。

脂身は甘くて全くしつこくありません。驚いたのが、1人で1枚ぺろりと食べてしまったこと、そして食べた後も体が軽くて全くしんどくならないこと!

 

 

これから毎年誕生日のごはんはこれがいい、、、(笑)

 

 

神戸ポークの野菜巻き串

2品目は「神戸ポークの野菜巻き串」

 

 

1品目と同じく「神戸ポーク」が使用されていますが、こちらは豚バラなので塊肉とはまた違った味わい。

お肉の存在感は十分にありながらも薄切り肉なので、主役の神戸野菜の美味しさをしっかり味わえます。食べやすい一口サイズなのも◎

 

 

串料理は片手にビール、もう片方の手に串と、両手持ちスタイルができるのがいいですよね~!

 

 

ビールを一口、串をパクリ。もう一口、またまたパクリ。

美味しい幸せを間髪入れずに堪能できる、串料理ならではの欲張りスタイル。存分に楽しんじゃいましょう♪

 

 

最後はこちら。

 

 

神戸ポークと生姜の焼餃子

神戸ポークと生姜の焼餃子

 

 

こちらは正直専門店に負けないぐらいのクオリティで驚きました。

きれいなきつね色の焦げ目はパリパリ!

中には生姜の効いた肉感たっぷりの餡がぎゅっと詰まっています。

1個でも比較的ボリュームはあるはずなのですが、思いのほかパクパクいけてしまい、気づいたらお皿が空っぽに。

 

 

グループでお店に行く場合は、何種類か注文して色々な味をシェアするのもいいですね。

 

 

今回はクラフトビールおすすめ料理を3種類ずつ頂きました。

もちろんそれぞれ単品で食べても美味しいですが、ビールとの相性を考えて作られた料理ということもあり、やはり組み合わせることで互いの魅力が最も引き出されるのではないかと感じます。

ぜひ自分のお気に入りの組み合わせを見つけて楽しんでくださいね♪

 

 

私自身次は何を飲もうかな、食べようかなと今からわくわくしています、、、!

open air神戸元町店の店舗&アクセス情報

open air 神戸元町店のアクセス情報

マップを開く

 

店名: open air神戸元町店(オープンエア)
コロナ対策:検温・アルコール消毒スプレーの設置
営業時間:11:30~22:00 (ランチ 11:30~14:30)
定休日:なし
席数:48席
1階 カウンター 6席
2階 テーブル 32席/カウンター 10席
料金:【ドリンク】open air クラフトビール各種(550円~)
【フード】 神戸ポーク餃子(473円~)/神戸ポークの野菜巻き串(各363円)/神戸ポークのローストポーク(1,078円~)
テイクアウト:可 (クラフト缶ビール・ポップコーン)
宅配: なし
住所: 兵庫県神戸市中央区三宮町3-2-2
アクセス: 阪急「神戸三宮駅」西口・JR「元町駅」東口より徒歩5分程度
電話番号:078-392-1034
予約: 可
公式サイトhttps://www.openair.beer/
公式Instagram@openair.brewing
公式Facebookhttps://www.facebook.com/openair.brewing/
公式Twitterhttps://twitter.com/openair_brewing
※リアルタイムの店舗情報はTwitterが詳しいので参考に

まとめ

今回はクラフトビールを楽しめるお店「open air神戸元町店」さんを紹介しました!

 

 

個人的には「季節の移りかわりをビールで感じる」という発想が新鮮でした。

 

 

これまではビールと季節の移ろいを関連付けて捉えることは少なかったのですが、日本酒などと同じように、クラフトビールも季節によって異なる表情をもっているのですね!そう考えると、日本のように四季の変化が激しい土地でのビールづくりには、多くの可能性が秘められているように感じます。

 

 

そして実際に店舗に行ってみると、その場の人たちが皆、純粋にクラフトビールと料理を楽しみ、言葉を交わし、笑顔でコミュニケーションをとっている光景がそこには広がっていて、open airさんがビールを通して創りたいと考える「多様な人々が分け隔てなく混じり合い、オープンなハートな交流が生まれる場」としての可能性を確かに感じました。

 

 

なにはともあれまずは、お店にぜひ足を運んでみてください♪

誰かと一緒でも、もちろん1人でも大丈夫。

想いのこもったビールや、それと相性ぴったりな美味しい料理の数々があなたを待っています。

 

 

冷えたビールで喉の渇きを潤す瞬間が、格別に心地よく感じるこれからの季節「open air神戸元町店」で至福のひと時を過ごしませんか?

UTA
神戸市内の企業・店舗オーナー様へ!月間30万人が訪れる神戸LOVERSに掲載しませんか?

コスパ最強で新規顧客の集客が可能!?掲載の詳細はこちら⇒

ポチお願いします。更新の励みになります!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

-グルメ

Copyright© 神戸LOVERS , 2022 All Rights Reserved.